本サイトはスタイルシートを使用しております。
ご覧のブラウザではスタイルシートが適用されていないため、 本来とは異なる表示となっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
心地良い自然を再現!水辺ビオトープを設計・施工します。
[共通ナビゲーション]
[サイトの位置情報]

<↓↓↓ここからメインエリアです。↓↓↓>
[ページのナビゲーション]
[コンテンツエリア]

屋上ビオトープ ~太陽光発電力による雨水循環~

東京学芸大学附属竹早小学校(東京都文京区)  2008年4月完成
東京学芸大学附属竹早小学校ビオトープ

屋上ビオトープ概要

図面

敷地面積:約76m²(水域:約28m²)
最大水深:12cm
構造:池、流れ、草地、土手、デッキ、ソーラー発電、 水循環設備、雨水貯留タンク等

造成の様子

造成前造成途中完成
造成前 >>> 造成途中 >>> 完成

ビオトープの経過~

完成直後完成1ヶ月経過完成3ヶ月経過
完成直後 >>> 完成1ヶ月経過 >>> 完成3ヶ月経過

ビオトープ写真集

2008年5月上旬撮影
屋上ビオトープ全景
屋上ビオトープ全景。完成後約1ヶ月経過。
ビオトープ池1(上流)
ビオトープ池1(上流)。カキツバタが咲いています。
流れ
流れ。上流の池から手前の下流の池へ流れ込みます。
ビオトープ池2(下流)
ビオトープ池2(下流)。
カキツバタとノイバラ
カキツバタとノイバラが咲きました。
ノシバの色も濃くなってきました。
屋上ビオトープ全景
全景。
観察しやすいように水際に沿ってデッキも設置しました。
2008年7月末撮影
3ヶ月経過し、夏季に入り、様子がかなり変わりました。
外来種の侵入をチェックして除去する等、手入れする必要があります。
下記の写真は手入れ前に撮影したもので、この後外来種の除草など行いました。
屋上ビオトープ全景
屋上ビオトープ全景。完成後約3ヶ月経過。
ビオトープ池1(上流)
ビオトープ池1(上流)。
池にトチカガミや藻が見られます。
流れ
流れ。
ビオトープ池2(下流)
ビオトープ池2(下流)。
「水を溜めておくと腐る・・・」というイメージがあるかもしれませんが、 藻等の光合成で酸素が供給されますので、腐ることはありません。 このビオトープ池の水も澄んでいます。
藻の発生は水の自然の姿なのです。
藻はメダカの産卵場所
わかりづらいですが、藻の側にメダカがいます。
藻はメダカ等の産卵場所になります。
藻は水辺の命の揺りかごなのです。
ミソハギ
ミソハギが咲いています。
屋上ビオトープ全景
屋上ビオトープ全景。

このページのトップへ

<↑↑↑メインエリア終わり↑↑↑>