本サイトはスタイルシートを使用しております。
ご覧のブラウザではスタイルシートが適用されていないため、 本来とは異なる表示となっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
心地良い自然を再現!水辺ビオトープを設計・施工します。
[共通ナビゲーション]
[サイトの位置情報]

<↓↓↓ここからメインエリアです。↓↓↓>
[ページのナビゲーション]
[コンテンツエリア]

屋上水田(田んぼとーぷ) ~水田とビオトープの融合~

泉南中学校(東京都杉並区) 平成24年8月 リフォーム完了
泉南中学校の田んぼとーぷ

泉南中学校の屋上に面積26.6㎡の「田んぼとーぷ」を設置したのは7年前の8月です。
それまでプラスチック製のコンテナで稲を育てていましたが、水遣りの苦労からの脱却のためにこの水田を設置しました。 今回この屋上水田の改修工事をさせていただきました。

屋上水田(田んぼとーぷ)の概要

図面
総面積: 7.00m×3.80m=26.60m²
田んぼ 面積: 約17.2m²
田んぼ 平均水深:10cm
田んぼ 土壌の厚み:10cm
雨水タンク貯水量: 約1.94m³

屋上の1m²あたりの荷重を220kg前後に抑えて、建物の積載荷重制限をクリアしています。

泉南中学校 田んぼとーぷ 写真集

施工前のコンテナ水田
平成17年8月

生徒の取組みでプラスチックコンテナを利用した水田を試みていましたが、なかなかうまく行かないとの ことでした。

コンテナやバケツは、溜めておける水量が少なく、蒸発や稲による吸い上げですぐに干上がってしまいますので 頻繁に灌水しなくてはなりません。
施工後の田んぼとーぷ
平成17年8月

弊社の「田んぼとーぷ」は、雨水を効率よく活用するための自動給水装置が組み込まれており、 水遣りの負担を大きく軽減できます。

デッキ下には雨水が蓄えられており、センサーにより自動で水田の水位を一定に保ちます。
田んぼとーぷのリフォーム
平成24年6月

田んぼとーぷの枠は木材で組まれていますので、分解してのリフォームも比較的簡単です。

使い捨てではなく、修理することで長くお使いいただけます。
田んぼとーぷの稲
平成24年8月

8月に最終点検に訪れた際には、稲が青々と繁茂していました。

このページのトップへ

<↑↑↑メインエリア終わり↑↑↑>