本サイトはスタイルシートを使用しております。
ご覧のブラウザではスタイルシートが適用されていないため、 本来とは異なる表示となっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
河川、湖沼、湿地、公園池など、水辺環境の改善、維持管理、水辺周りの修復についてご案内します。
[共通ナビゲーション]
[サイトの位置情報]

<↓↓↓ここからメインエリアです。↓↓↓>
[ページのナビゲーション]
[コンテンツエリア]

水辺のリフォーム事例: ビオトープのリフォーム

>>>

年月を経たビオトープを良い状態に回復したいとお考えではありませんか?
底に溜まった泥をさらったり、水際を整えたり、デッキや橋などを補修したり・・・・・、 少し手を入れることでビオトープの状態をより良くすることができ、また今後長く維持していくためにも有効です。

ビオトープのリフォーム事例 〜造成7年経過のビオトープ〜

リフォームの概要
【 リフォーム前の主な課題 】

  • 池に泥が溜まって、池が浅くなってきている。
  • 土の流出などにより水際の地形が変化。
  • 踏圧により土が厚密化(草も生えなくなる)
  • デッキ、橋、柵、木道などの劣化
【 主なリフォーム内容 】

  • 泥さらい(浚渫)、池干し
  • 水際の整地
  • 木道の設置(踏圧防止)、土入れ
  • デッキ、橋、柵、杭を新設
リフォームの詳細

池底の泥浚い、池干し実施

植物・生物の移動中 池の泥浚い中 池の底干し中

リフォーム

>>>
整地し直して池の周りを1周できるようにしました。新たな観察デッキも設置。
水深の深い場所には杭を立て、目印とするとともに万が一の場合つかまり棒として働きます。

>>>
>>>
子ども達がよく歩く部分が踏み固められ土が厚密化。草も生えない状態に。
踏み場を限定するため木道を設置し、周りに土を入れました。しばらくすれば野草が生えます。
園児の歩幅に合わせて木道の間隔を狭め、また二人で並んで歩けるよう幅を広くしました。

>>>
ビオトープを囲う防護柵を新しいものに取り替えました。

その他 写真

リフォーム後のビオトープ全景
新しいデッキから、さっそく子どもたちが池の中の生物を観察しています。

その他 リフォーム例

まずは何なりとお気軽にご相談ください。

デッキの修繕(※デッキは一例です)
>>>
リフォーム前のデッキ リフォーム完了
柵の設置(※柵は一例です)
>>>
リフォーム前は柵無し 柵を設置
看板の設置(※看板は一例です)
>>>
経年で劣化した看板 新しい看板を設置

このページのトップへ

<↑↑↑メインエリア終わり↑↑↑>