本サイトはスタイルシートを使用しております。
ご覧のブラウザではスタイルシートが適用されていないため、 本来とは異なる表示となっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
水質、土壌、自然環境の分析・調査・コンサルティング、植生管理、ビオトープ、屋上緑化など
[共通ナビゲーション]
[サイトの位置情報]

<↓↓↓ここからメインエリアです。↓↓↓>
[ページのナビゲーション]
[コンテンツエリア]

池に糸状の藻が大発生したら・・・

【糸状の藻が大発生した池】

普通は緑色の糸状の藻がよく見られます。
時には気泡を含み、ぶよぶよ浮いた状態となります。
夏場は腐って、悪臭を放つこともあります。
藻はアオミドロ、サヤミドロ、ジュズモ等いろいろな藻があります。

原因

水中に栄養塩類(窒素、りん)が多く供給されることが原因と考えられます。
(いろいろな条件によって、レポート1の状態になったりこのような状態になったりします。)

対策

  • 補給水量が適切かどうか調べることが必要です。
  • 水中に栄養塩類を供給している原因を調べ対策を立てる必要があります。
    ⇒ コイ、水鳥の餌、池底に溜まった泥、補給水の水質等が原因として考えられます。

浄化施設を付ける場合は、以上の点に注意して適切な浄化施設を選択することが必要です。

このページのトップへ

<↑↑↑メインエリア終わり↑↑↑>