本サイトはスタイルシートを使用しております。
ご覧のブラウザではスタイルシートが適用されていないため、 本来とは異なる表示となっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
サツマイモの葉っぱの帽子で夏の陽射しを遮断!ヒートアイランド対策に
[共通ナビゲーション]
[サイトの位置情報]

<↓↓↓ここからメインエリアです。↓↓↓>
[ページのナビゲーション]
[コンテンツエリア]

屋上サツマイモ緑化 ―自動給水プランター緑化―

屋上サツマイモ緑化
屋上サツマイモ緑化とは

屋上に設置したプランターでサツマイモを栽培し、葉を屋上の表面にはわせることによって緑化する屋上緑化です。
【実施期間の目安:5月植えつけ~10月収穫】

まるで葉っぱの帽子のように、夏の強い直射日光を遮って建物表面が熱を蓄えるのを防ぎます。 これにより、省エネおよびヒートアイランド現象緩和効果などが期待できます。
しかも、サツマイモを作る楽しみ・食べる楽しみが味わえる“おいしい緑化”です。
緑化されるのは6~10月頃ですが、簡単に設置でき、比較的安価であることが特徴です。

屋上サツマイモ緑化のイメージ サツマイモを収穫する子供 屋上を覆うサツマイモ葉
屋上サツマイモ緑化の効果
葉っぱの帽子で建物を涼しく!

屋上サツマイモ緑化の効果

  • ヒートアイランド現象緩和
  • 野菜を作る楽しみ・食べる楽しみ  など


実際に測定してみました

屋上サツマイモ緑化の効果

---------------------------------------------------------------------------
屋上表面: 56℃
サツマイモの葉っぱに覆われた屋上表面: 36℃

葉っぱ表面の温度: 33.5℃
---------------------------------------------------------------------------

'11.08.18. 撮影 緑化により、屋上面が熱くなるのを防いでいることがわかります。
また、蒸散作用により葉っぱのまわりの温度の上昇も抑えられています。
[写真:測定日の屋上サツマイモ緑化の様子]

このページのトップへ

<↑↑↑メインエリア終わり↑↑↑>