本サイトはスタイルシートを使用しております。
ご覧のブラウザではスタイルシートが適用されていないため、 本来とは異なる表示となっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
ヘチマやゴーヤの葉っぱで作る緑のカーテン(グリーンカーテン)で夏の陽射しを遮断!ヒートアイランド対策に
[共通ナビゲーション]
[サイトの位置情報]

<↓↓↓ここからメインエリアです。↓↓↓>
[ページのナビゲーション]
[コンテンツエリア]

緑のカーテン(グリーンカーテン)の効果

葉っぱの“すだれ”で直射日光を遮る

直射日光を遮る

窓から入る日差しを遮り、室内に入り込む日射熱を軽減します。
カーテンやブラインドで日差しを遮ったとしても、カーテンやブラインドまたは建物の躯体自体が熱を帯び、その熱(輻射熱[ふくしゃねつ])が室内を暖めてしまいます。 緑のカーテンは建物の外壁を覆うものなので、建物自体が熱を蓄えるのを抑えることができます。 (※ 緑のカーテン自体は植物でできていますので蓄熱しません。)

葉っぱの蒸散作用

ヘチマの葉

植物は、体内の水分を水蒸気にして葉っぱから放出しています。これを植物の『蒸散作用』といいます。 この時水分を蒸発させる際に必要な熱(気化熱)が周囲から奪われるため、葉のまわりの温度が下がります。 特に暑い時、植物はどんどん水を吸い上げ積極的に蒸散を行います。そうして葉温の上昇を防ぐのです。
そのため、緑のカーテンは人工物のように蓄熱せず、またその葉のまわりの空気の温度の上昇を和らげると言われています。

ヒートアイランド現象緩和

建物を覆う緑のカーテン

都心部における気温が周辺地域よりも上昇する「ヒートアイランド現象」は、日射によって熱を蓄えたアスファルトやコンクリートなどが大量の熱を放射すること、 エアコンの排熱など都市活動により生ずる人工熱などが原因と言われています。
上述のように、緑のカーテンを設置することで建物の蓄熱を抑えたり、室内環境を過ごしやすくすることでエアコンの使用を節約できれば、 それはヒートアイランド現象の緩和につながっていきます。

節電対策

冷房効率を上げてエアコンの使用を節約

現代住宅は断熱性や気密性が高いので熱がこもりやすく、日射熱や輻射熱で室内が暖められると冷房効率が悪くなります。 上述のように、緑のカーテンで日射を遮ることで冷房効率が改善されることが期待できます。 冷房効率が上がればエアコンの設定温度を上げることができ、それが節電へとつながります。
また、当社の自動給水プランターは電気を使わずに灌水する仕組みになっています。

おいしい緑化

ゴーヤ

ヘチマ、ゴーヤ、キュウリなど食べることができる植物で緑のカーテンを作ることができます。 育てる楽しみはもちろんのこと、食べる楽しみも味わえます!

このページのトップへ

<↑↑↑メインエリア終わり↑↑↑>