本サイトはスタイルシートを使用しております。
ご覧のブラウザではスタイルシートが適用されていないため、 本来とは異なる表示となっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
「田んぼとーぷ」でイネの育て方と田んぼの生き物について学ぼう!
[共通ナビゲーション]
[サイトの位置情報]

<↓↓↓ここからメインエリアです。↓↓↓>
[ページのナビゲーション]
[コンテンツエリア]

「田んぼ」は楽しい水辺空間 ~田んぼづくりのご提案~

「田んぼ」ってなんだろう? ~米づくりと自然との共存~

「田んぼ」は一言で「田」と言ったり、あるいは「水田」と呼んだりしますが、イネを育てるために水を張った畑のことです。

ところで、イネの栽培による米づくりがユーラシア大陸から日本に伝わったのは、今から約2000年前だと言われています。 私達の祖先は、自然の湿地などを田んぼへ変えならがら、少なくとも今日までに2000回くらい、米を収穫してきたことになります。

本来、自然の湿地を利用してつくられてきた田んぼは、多くの動物や植物の住みかでもありました。

農薬が使われ始める以前の、ある地域の田んぼには、約400種類もの生き物が生息していたという記録も中にはあります。

このように昔ながら田んぼは、カエル、ドジョウ、メダカ、タニシ、タガメ、ゲンゴロウなど多くの生き物にとっての大事な住みであり、 人間がつくったものであるにもかかわらず、日本の自然の一部となっていたことがうかがえます。

私達の祖先が培ってきた「米づくり」の知識とともに、「自然と共存する方法」についての知識も詰まっているところが、田んぼの大きな魅力ではないでしょうか。

自動調水器付「田んぼとーぷ」をご提案いたします。

「田んぼとーぷ」とは、水研クリエイト株式会社が提案する、自動調水器(自動給水装置)と排水設備がセットになった「水田ビオトープ」です。

自動調水器が付いているので、水遣りの苦労や心配がありません。

当社が屋上ビオトープ壁面・屋上緑化で培った技術を発展・応用させた、電力を必要としないシステムです。

水遣りの大変なバケツ田んぼ等からの、「田んぼとーぷ」への移行を提案・サポートいたします!

標準サイズの「田んぼとーぷ」は、おおよそ外寸で2.0m(長編) X 1.2m(短編) X 25cm(高さ)、土10cm、水深15cmですになります。 詳細は下のリンクから図面をご覧ください。このサイズは、動植物プランクトンやトンボのヤゴが自然に宿り、メダカも十分に繁殖できるサイズになります。

自動調水器付の「田んぼとーぷの図面」はこちらからダウンロードできます。

自動調水器を含む給水設備は、複数の「田んぼとーぷ」を繋げることができます。例えば各クラスごとの「田んぼとーぷ」を設けることも簡単にできます。

校庭、ベランダ、屋上など場所に合わせた大きさのお見積やオーダーも承りますので、お気軽にお問合せください。

「田んぼとーぷのパンフレット」はこちらからダウンロードできます。

米づくりを体験しよう。

「田んぼとーぷ」は小規模ながら、本格的な米づくりを体験できる商品です。自動調水器が附属していますので、 うっかり干上がらせてイネを枯らしてしまう心配がありません。

苗づくり、代掻き、田植え、稲刈りなどを通して、イネを育てるための作業を体験することができます。

ご依頼に応じて、弊社のスタッフが各種作業のサポートや生き物の観察回を実施することもできますので、お気軽にご相談ください。

動物と植物に詳しいスタッフが丁寧に対応いたします。

色々な生き物を観察しよう。

「田んぼとーぷ」は、メダカが住めるだけの十分は広さが確保されています。 自動調水器の働きよって、いつでも適度な水位が保たれるので、生き物が住める環境が維持されます。

「田んぼとーぷ」をつくると、その小さな水辺空間をたよりに周辺からチビゲンゴロウ、イトトンボやアカトンボ、 アメンボなどの昆虫が飛来して自然に宿ります。

そこに小さな田んぼの生態系が再現されて、生き物の営みをじっくりと観察することができます。

「田んぼとーぷ」には、田植えや稲刈り、小さな生き物の探検など、昔の日本の里山にあった楽しい田んぼの世界が詰まっています。

大きいサイズの「田んぼとーぷ」もあります。

屋上設置式または水辺のビオトープと一体になった、大きいサイズの「田んぼとーぷ」の設計と施工も承ります。 詳しくは永福小学校泉南中学校落合第六小学校常盤小学校の事例をご覧ください。

このページのトップへ

<↑↑↑メインエリア終わり↑↑↑>
無料カウンター