本サイトはスタイルシートを使用しております。
ご覧のブラウザではスタイルシートが適用されていないため、 本来とは異なる表示となっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
心地良い自然を再現!水辺ビオトープを設計・施工します。
[共通ナビゲーション]
[サイトの位置情報]

<↓↓↓ここからメインエリアです。↓↓↓>
[ページのナビゲーション]
[コンテンツエリア]

水辺のリフォーム事例

元麻布三丁目緑地 宮村池 (港区)  2012年8月完成
元麻布 宮村池

漏水箇所の補修と小川・排水設備のリフォーム

図面


宮村池の上流側には湧出水を引き込むための配管がありましたが、その上流のコンクリート製の水路が劣化のために 漏水していました。まず初めににその漏水箇所を粘土や防水シートを使って補修、十分な水量が配管へ流れ込むように しました。

次に池へ流れ込む小川の防水工事を行い、排水溝へ通じる水路を整備するとともに、その入口にオーバーフロー管を設置 しました。

漏水箇所の補修

漏水箇所の補修

補修前の水路の様子です。

コンクリートの劣化等により、漏水して水位がほとんどない状態になっています。


漏水箇所の補修

補修後の水路は、水が十分溜まるようになりました。粘土と防水シートを使って漏水が止まるよう施工しました。

写真手前に見えるかごの中には引き込み管があり、一定の水深に達すると水がこの配管を通って池のほうへ流れます。

工事ともなって泥の浚渫も実施しましたので、水も濁りが無くきれいです。


漏水箇所の補修

池へ通じる小川へきれいな水が流れるようになりました。

それまでは漏水のた引き込み管へ水が流れ込みませんでしたが、その問題が解決されました。

ビオトープ施工の経験が豊富な弊社は、こうした水辺周辺の防水工事も得意としております。

小川の補修と排水設備の施工

小川の補修
既存の小川は防水シートが劣化しており、さらに土壌がはげてしまって植生も乏しい状態でした。

小川の浚渫を行い、新しい防水シート張って水がよく流れるように施工しました。

また川底と川岸を粘土と赤土で成形して、芝生を張ります。このあたりの水際の施工法は 永福小の例でも紹介しています。
排水管の設置
水がしっかりと流れ込むようになりましたので、排水設備も新たに設置しました。

メダカなどの生き物が流れ出してしまわないように、ストレーナーが付いています。

宮村池の生き物

コムラサキの抜け殻
池のほとりには一本の柳がありますが、その葉の裏にコムラサキという蝶の抜け殻を見つけました。

決して個体数の多い蝶ではありません。

こんな大都市の真ん中にも多くの生き物が生息していて、小さなビオトープが生息場所となっているのです。

このページのトップへ

<↑↑↑メインエリア終わり↑↑↑>