本サイトはスタイルシートを使用しております。
ご覧のブラウザではスタイルシートが適用されていないため、 本来とは異なる表示となっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
心地良い自然を再現!水辺ビオトープを設計・施工します。
[共通ナビゲーション]
[サイトの位置情報]

<↓↓↓ここからメインエリアです。↓↓↓>
[ページのナビゲーション]
[コンテンツエリア]

ビオトープの創出と保全の意義

ビオトープとは何か?創出・保全の意義があるのか?

ビオトープ(Biotope)[合成語:bios(命)+topos(場所)]とは、「生き物が生息できる場所」のことです。 具体的には、草地、川、池や沼、森林など、「本来その地域にすむ様々な野生の生き物たちがお互いに関係し あって暮らすことのできる一定の広がりを持った空間」のことを指します。 こうしたビオトープには、通常その地域に特有の生き物同士が相互に影響を及ぼし合って『自然生態系』が成り立っています。

かつて日本には、その地域に独特の性質が基盤となった様々なタイプのビオトープがたくさんありました。 そして、それぞれのビオトープに特有の生き物がたくさん暮らしていたのです。 ところが、近年の都市開発や農業開発などの人為的な行為により、湿地や湧水地など多くの自然のビオトープが破壊または消滅の危機にさられています。 その結果、多くの種類の野生の動植物が生息環境を失い、日本各地からから急速に姿を消しつつあります。 例えば、かつて一番身近な魚であったメダカは、今では全国的に数が減り、絶滅危惧種のひとつになってしまいました。

こうした背景から、残っている貴重なビオトープを保全したり、消失したビオトープを復元、創出することは大変意義のある大切な活動だと考えられます。 弊社はこれまでに、複数のビオトープの設計と施工や管理に携わり、より自然に近いビオトープを造る技術を蓄積してきました。

生物多様性とビオトープ

2010年10月に、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が愛知県名古屋市で開催されることもあり、 近年『生物多様性』という言葉が一般にもよく浸透し、耳なれた言葉になっています。

『生物多様性』とは、“生態系の多様さ(=様々なタイプの環境があること)”、“種レベルの多様さ(=色々な生き物がいること)”、“遺伝子レベルでの多様さ(=それぞれの種の中でも個体差があること)”の、 3つのレベルの多様性から成り立つ概念です。わかりやすく言えば、『生物多様性』とは「その地域特性に応じた様々な野生の生き物がすんでいること」とも言えます。

言い換えれば、その地域のビオトープを保全、復元・創出することは、その地域の『生物多様性』を守っていくことにつながり、、 意義のあることだと考えられます。

【Reference】:
HP:環境省>自然環境・生物多様性
HP:生物多様性(環境省)
「学校ビオトープ 考え方つくり方使い方」(財)日本生態系協会 講談社

私たちのビオトープづくり ~設計・施工から管理まで~

対象地の地形や地質、植生に応じたビオトープを施工いたしますが、特に地下水、湧水、雨水等を活用した、 湧水地や湿地、水田を再現した水辺のあるビオトープを得意としております。

当社は水環境コンサルタントとして設立した会社であり、長年自然の環境調査や維持管理に携わってきました。 その中で蓄積した知識とノウハウを基に、水辺のあるビオトープを保全または復元・創出します。
特に、水域と陸域をつなぐ「水際の工法」にこだわりを持って設計・施工しています。

また、雨水や太陽光発電などを活用することで、これにより水の動きをコントロールして、他社とは 違ったビオトープを設計・施工いたします。


【写真:学校に造成したビオトープ】

>>> ビオトープ実績一覧はこちら
>>> どのようなことでもお気軽にご相談下さい

../rooftop_biotope/rbio_index.htm

このページのトップへ

<↑↑↑メインエリア終わり↑↑↑>