本サイトはスタイルシートを使用しております。
ご覧のブラウザではスタイルシートが適用されていないため、 本来とは異なる表示となっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
水道法、ビル管理法、水質汚濁防止法、下水道法などに基づく「水」の水質分析・検査・調査など。
[共通ナビゲーション]
[サイトの位置情報]

<↓↓↓ここからメインエリアです。↓↓↓>
[ページのナビゲーション]
[コンテンツエリア]

公衆浴場における水質基準等に関する指針に基づく水質検査

環境計量証明事業登録 東京都(濃度)第863号
建築物飲料水水質検査登録 東京都 63水第71号

「公衆浴場における水質基準等に関する指針」に基づく水質検査を承ります。

>>>【厚生労働省】公衆浴場における水質基準等に関する指針

平成22年7月現在

検査対象 ※1原湯、原水
上り用湯及び上り用水
※2浴槽水
検査項目 基準
1 色度 5度以下
2 濁度 2度以下 5度以下
3 pH値 5.8~8.6
4 有機物等
(過マンガン酸カリウム消費量)
10mg/L以下 25mg/L以下
5 大腸菌群 50mL中に検出されないこと 1個/mL以下
6 レジオネラ属菌 検出されないこと(10cfu/100mL未満) 検出されないこと(10cfu/100mL未満)

注1) ※1 検査頻度:1年に1回以上。
注2) ※2 検査頻度:ろ過器を使用していない浴槽水及び毎日完全に換水している浴槽水は、1年に1回以上。 連日使用している浴槽水は、1年に2回以上(ただし、浴槽水の消毒が塩素消毒でない場合には、1年に4回以上)

このページのトップへ

<↑↑↑メインエリア終わり↑↑↑>