本サイトはスタイルシートを使用しております。
ご覧のブラウザではスタイルシートが適用されていないため、 本来とは異なる表示となっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
土壌汚染対策法、土壌環境基準などに基づく土壌調査、分析。土壌汚染対策法登録機関。
[共通ナビゲーション]
[サイトの位置情報]

<↓↓↓ここからメインエリアです。↓↓↓>
[ページのナビゲーション]
[コンテンツエリア]

その他の土壌分析、調査について

環境計量証明事業登録 東京都(濃度)第863号
土壌汚染対策法指定調査機関登録 環境省 環2003-2-37

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染調査から、建設残土や改良土の分析試験など、各種「土」の分析検査、調査を承ります。 下記にない項目については、お問合せください。

建設残土の分析調査

建設工事に伴い発生する土砂等(建設発生土、建設残土、残土)を埋立処分、 または盛土や堆積等を行う場合、受入先の自治体によっては条例等により受入基準が設けられている場合があります。
当社では各受入先基準に基づいた残土の分析検査を行います。

このページのトップへ

改良土の六価クロム溶出試験

セメント及びセメント系固化材を使用した改良土に関わる六価クロム溶出試験を行います。

このページのトップへ

底質調査

河川、湖沼、運河、港湾、海域などの底質の調査を行います。
調査計画、測量、採泥から承ります
浚渫工事等で発生した水底土砂の処分に係る検査など。
各種基準や調査要綱に基づく分析調査を行っております。

  • [調査例] 【東京都港湾局】東京港内における水底土砂の調査要綱

このページのトップへ

その他の土壌分析、調査

その他「このような分析はできないか」というものがございましたら、是非お問合せください。

このページのトップへ

<↑↑↑メインエリア終わり↑↑↑>