本サイトはスタイルシートを使用しております。
ご覧のブラウザではスタイルシートが適用されていないため、 本来とは異なる表示となっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
水道法、ビル管理法、水質汚濁防止法、下水道法などに基づく「水」の水質分析・検査・調査など。
[共通ナビゲーション]
[サイトの位置情報]

<↓↓↓ここからメインエリアです。↓↓↓>
[ページのナビゲーション]
[コンテンツエリア]

おいしい水の目安

環境計量証明事業登録 東京都(濃度)第863号
建築物飲料水水質検査登録 東京都 63水第71号

昭和60年、厚生省(現在の厚生労働省)の「おいしい水研究会」が、“ おいしい水の要件”を数値化して発表しました。

水質項目 おいしい水の要件 項目の内容
蒸発残留物 30~200mg/L 水中に溶解または浮遊している物質の総量。 水を蒸発させても残る主にミネラル等を指します。 量が多いと苦味や渋味が増し、適度に含まれるとコクのあるまろやかな味になります。
硬度 10~100mg/L ミネラルの中で量的に多いカルシウム、マグネシウムの含有量。 硬度の低い水はクセがなく、高いと好き嫌いが出ます。 カルシウムに比べてマグネシウムの多い水は苦味が増します。
遊離炭素 3~30mg/L 水にさわやかな味を与えますが、多いと刺激が強くなります。
過マンガン酸カリウム消費量 3mg/L以下 有機物量を示します。 多いと渋味をつけ、多量に含むと塩素の消費量に影響して水の味を損います。
臭気度 3以下 水源の状況により、様々な臭いがつくと不快な味がします。
残留塩素 0.4mg/L以下 水にカルキ臭を与え、濃度が高いと水の味を悪くします。
水温 最高20℃以下 夏に水温が高くなると、あまりおいしいとは感じられなくなります。 冷やすことによりおいしく飲めます。

このページのトップへ

<↑↑↑メインエリア終わり↑↑↑>