本サイトはスタイルシートを使用しております。
ご覧のブラウザではスタイルシートが適用されていないため、 本来とは異なる表示となっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
水道法、ビル管理法、水質汚濁防止法、下水道法などに基づく「水」の水質分析・検査・調査など。
[共通ナビゲーション]
[サイトの位置情報]

<↓↓↓ここからメインエリアです。↓↓↓>
[ページのナビゲーション]
[コンテンツエリア]

水質汚濁に係る環境基準

環境計量証明事業登録 東京都(濃度)第863号
建築物飲料水水質検査登録 東京都 63水第71号

河川や海域など公共用水域や地下水には、人の健康を保護し、生活環境を保全する上で維持されることが望ましいとされる水質の基準(水質の汚濁に係る環境基準)が定められています。 環境基準は水質汚濁等の状況を評価する際の評価基準として用いられます。

水質汚濁に係る環境基準

(1) 公共用水域(河川、湖沼、海域)の水質汚濁に係る環境基準
(a) 人の健康の保護に関する環境基準(全ての公共用水域)
(b) 生活環境の保全に関する環境基準(河川、湖沼、海域)
(2) 地下水の水質汚濁に係る環境基準

平成21年11月30日、公共用水域の「水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準」 及び「地下水の水質汚濁に係る環境基準」の項目の追加及び基準値の変更について環境省より告示されました(同日施行)。

>>>【環境省】環境基準について
>>>【環境省】水質汚濁に係る環境基準について
>>>【環境省】地下水の水質汚濁に係る環境基準について

平成22年7月現在

水質汚濁に係る環境基準(人の健康の保護に関する環境基準)
項目 基準値
公共用水域・地下水 共通
1 カドミウム 0.01mg/L以下
2 全シアン 検出されないこと
3 0.01mg/L以下
4 六価クロム 0.05mg/L以下
5 ひ素 0.01mg/L以下
6 総水銀 0.0005mg/L以下
7 アルキル水銀 検出されないこと
8 ポリ塩化ビフェニル(PCB) 検出されないこと
9 ジクロロメタン 0.02mg/L以下
10 四塩化炭素 0.002mg/L以下
11 1,2-ジクロロエタン 0.004mg/L以下
12 1,1-ジクロロエチレン 0.1mg/L以下(←0.02mg/L)
13 1,1,1-トリクロロエタン 1mg/L以下
14 1,1,2-トリクロロエタン 0.006mg/L以下
15 トリクロロエチレン 0.03mg/L以下
16 テトラクロロエチレン 0.01mg/L以下
17 1,3-ジクロロプロペン 0.002mg/L以下
18 チウラム 0.006mg/L以下
19 シマジン 0.003mg/L以下
20 チオベンカルブ 0.02mg/L以下
21 ベンゼン 0.01mg/L以下
22 セレン 0.01mg/L以下
23 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 10mg/L
24 ふっ素 0.8mg/L以下
25 ほう素 1mg/L以下
26 1,4-ジオキサン【追加】 0.05mg/L以下
公共用水域のみ
27 シス-1,2-ジクロロエチレン(現行のまま) 0.04mg/L以下
地下水のみ
27 1,2-ジクロロエチレン【追加】
(シス-1,2-ジクロロエチレンに替り)
0.04mg/L以下
28 塩化ビニルモノマー【追加】 0.002mg/L以下

注1)基準値は年間平均値とする。ただし、全シアンに係る基準値については、最高値とする。
注2)「検出されないこと」とは、測定方法の項に掲げる方法により測定した場合において、その結果が当該方法の定量限界を下回ることをいう。別表2において同じ。
注3)海域については、ふっ素及びほう素の基準値は適用しない。
注4)硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素の濃度は、規格43.2.1、43.2.3又は43.2.5により測定された硝酸イオンの濃度に換算係数0.2259を乗じたものと規格43.1により測定された亜硝酸イオンの濃度に換算係数0.3045を乗じたものの和とする。
注5)1,2―ジクロロエチレンの濃度は、規格K0125の5.1、5.2又は5.3.2により測定されたシス体の濃度と規格K0125の5.1、5.2又は5.3.1により測定されたトランス体の濃度の和とする。

このページのトップへ

<↑↑↑メインエリア終わり↑↑↑>