本サイトはスタイルシートを使用しております。
ご覧のブラウザではスタイルシートが適用されていないため、 本来とは異なる表示となっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
工事に伴う地下水、周辺井戸の影響調査。井戸分布調査、水質検査など。
[共通ナビゲーション]
[サイトの位置情報]

<↓↓↓ここからメインエリアです。↓↓↓>
[ページのナビゲーション]
[コンテンツエリア]

井戸、地下水調査

環境計量証明事業登録 東京都(濃度)第863号

当社では、土木工事や建設工事に伴う井戸・地下水への影響調査を承っております。 数多くの実績を元に、適切な検査項目の提案をし、また水質変化に対するコンサルティングも行います。

井戸分布等調査

工事着工前に、その周辺の井戸分布及び使用状況を調査します。

調査例:【東京都建設局】「工事に伴う環境調査要領」に基づく調査
調査区域内に分布する井戸を確認し、次の項目について調査する。
  • 所有者及び使用者の住所氏名
  • 井戸の所在地
  • 工事境界線(土留線)からの距離
  • 使用人員
  • 水道施設の有無
  • 井戸の形式
  • 用途
  • 水の出具合
  • 井戸の新設から現在に至る経過

水質調査

工事前、及び工事後に、井戸水の水質検査を行います。(場合によっては、途中経過も調べます)
検査は、飲用適合判定検査や水のイオン分析など、必要な検査を行います。

下記【検査例】の10項目は井戸水の飲用適合判定のための基本的な検査項目です。
把握しておきたい内容等に応じて、検査項目を追加することもあります。
例えば、イオン分析は水質の特徴やその変化を把握するのに有効な検査です。
どのような検査をするかは、工事の影響面で心配としている点等によって異なります。
検査内容がお決まりでない場合は、ご相談ください。

>>> 水質変化に対するコンサルティング

検査例:【東京都建設局】「工事に伴う環境調査要領」に基づく水質調査
現場測定
項目
1 外観
2 水温及び気温
3 pH
4 RpH
5 電気伝導度
水質試験
項目 基準値
1 一般細菌 100CFU/mL以下
2 大腸菌 検出されないこと
3 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 10mg/L以下
4 塩化物イオン 200mg/L以下
5 有機物(全有機炭素(TOC)の量) 3mg/L以下
6 pH値 5.8以上8.6以下
7 異常でないこと
8 臭気 異常でないこと
9 色度 5度以下
10 濁度 2度以下

このページのトップへ

<↑↑↑メインエリア終わり↑↑↑>