本サイトはスタイルシートを使用しております。
ご覧のブラウザではスタイルシートが適用されていないため、 本来とは異なる表示となっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。
水道法、ビル管理法、水質汚濁防止法、下水道法などに基づく「水」の水質分析・検査・調査など。
[共通ナビゲーション]
[サイトの位置情報]

<↓↓↓ここからメインエリアです。↓↓↓>
[ページのナビゲーション]
[コンテンツエリア]

学校環境衛生基準に基づく水質検査

建築物飲料水水質検査登録 東京都 63水第71号

学校環境衛生基準に基づく、飲料水や雑用水、プール水の水質検査を承ります。

>>>【文部科学省】[改訂版]学校環境衛生管理マニュアル

水道水を水源とする飲料水(専用水道を除く)の水質検査

平成22年7月現在

検査項目 基準値
1 一般細菌 100CFU/mL以下
2 大腸菌 検出されないこと
3 塩化物イオン 200mg/L以下
4 有機物等
(全有機炭素(TOC)の量又は
過マンガン酸カリウム消費量)
3mg/L以下
(過マンガン酸カリウム消費量は10mg/L以下)
5 pH値 5.8以上8.6以下
6 色度 5度以下
7 濁度 2度以下
8 臭気 異常でないこと
9 異常でないこと
10 遊離残留塩素 0.1mg/L以上

注1)検査頻度:毎学年1回
注2)「専用水道に該当しない井戸水等を水源とする飲料水」の検査項目:【専用水道が実施すべき水質検査の項目】+【遊離残留塩素】/ 検査頻度:水道法に規定する専用水道が実施すべき頻度
注3)「専用水道(水道水を水源とする場合を除く)及び専用水道に該当しない井戸水等を水源とする飲料水の原水」の検査項目:【上記10項目から遊離残留塩素を除いた9項目】/検査頻度:毎学年1回

雑用水の水質検査

平成22年7月現在

検査項目 基準値
1 pH値 5.8以上8.6以下
2 臭気 異常でないこと
3 外観 ほとんど無色透明であること
4 大腸菌 検出されないこと
5 遊離残留塩素 0.1mg/L(結合残留塩素の場合は0.4mg/L)以上

注1)検査頻度:毎学年2回

水泳プールの水質検査

平成22年7月現在

検査項目 基準値
1 遊離残留塩素 0.4mg/L以上
また、1.0mg/L以下であることが望ましい
2 pH値 5.8以上8.6以下
3 大腸菌 検出されないこと
4 一般細菌 200CFU/mL以下
5 有機物等 過マンガン酸カリウム消費量として12mg/L以下
6 濁度 2度以下
7 総トリハロメタン 0.2mg/L以下(暫定目標値)
8 循環ろ過装置の処理水 循環ろ過装置の出口における濁度は0.5度以下
(0.1度以下が望ましい)

注1)検査頻度:1~6 使用日の積算が30日以内ごとに1回
注2)検査頻度:7 使用期間中に1回
注3)検査頻度:8 毎学年1回

このページのトップへ

<↑↑↑メインエリア終わり↑↑↑>